わたしが旅の思い出を楽しむためにしていること

世界旅行とトランク 旅先での楽しみ

わたしが旅の思い出をもっと楽しくするためにしていることをご紹介します。

それは、旅先で衣服や生活用品を買うことです。

旅先で買うものと言えばお土産という人も多いと思いますが、わたしはあえて衣服などを買っています。

欲しいもん
欲しいもん

お土産はほとんど自分にしか買わない派…

なぜ衣服や生活用品を買うようにしているのか、その理由を説明します。

衣服や生活用品に思い出をプラスする

家でテレビを見る女性

旅先で衣服や生活用品を買うことの良いところは、モノに思い出という価値をプラスできるところです。

買ったものを目にするたびに旅を思い出す

みなさんは、お土産を見て旅のことを思い出したりしませんか?

お土産を生活用品にして、そうやって旅を思い出す頻度をあげちゃおうという作戦です!

身に着けるものであれば、身に着けている間はなんとなく気分が良くなったりします。

毎日使うものでも良いですが、そうするとだんだんと慣れてしまうので、たまに使う特別なものを買うという手も。例えばこんなもの。

  • デートで使うためのカバン
  • 大事な仕事の時につけていく腕時計

気分をあげたいときに身に着けるものは良いかもしれません。

お土産は目につきやすいものを選ぶとか、目につきやすいものはお土産で買ってくるようにするとか、そんな考え方も試してみてはいかがでしょうか。

ストーリーが生まれる

近場で買ったらただの「白いTシャツ」になる服も、旅先で買うだけで「旅で買った白いTシャツ」になります。

ものを大切にする人や、あまりものを持ちたくない人にはおすすめの方法です。

旅先で買うだけで、そのものにまつわるストーリーがひとつ増えるのですから、そんなに簡単な方法はありません。

こんまり先生
こんまり先生

ときめかないものは捨てちゃいましょう!

どんなブランド名がついた服よりも、わたしには旅先の思い出がついている服のほうが、わたしは好きで大切にしたくなります。

ショッピングをして旅先の街の生活に馴染む

ショッピング中の女性

旅先で衣服や生活用品を買うことの良いところ、もうひとつは現地の人の生活に馴染めるところです。

旅先のひとたちの生活を体験する

旅先のひとたちの生活エリアに紛れ込んで、その地で暮らすように旅をしてみましょう!

観光客向けではない、地元民向けの姿が見えてきます。

現地に馴染む旅の楽しさは下の記事でも紹介しましたので、お時間あればどうぞ!

その地域とつながれる

旅先で買ったものと生活していると、その旅先の地となんとなくつながっているような気がして、自分にとって特別な場所に思えてきます。

特別な場所になると、ついつい、また行きたくなってしまうものです。

特別な場所が全国、世界にあるってなんだか素敵です!

余談

コーヒーブレークをする男女

わたしがなぜ旅先で衣服や生活用品を買うようになったのでしょうか。

また、実際に買った思い出の品々にはどんなものがあるのでしょうか。

なぜ衣服などを旅先で買うようになったか

もともと、旅先で衣服などを買うことはあまりしませんでした。

観光地を満喫して、名物料理を食べて、お土産を買えたらそれで良かったからです。

一時期、出先でしか服や生活用品を買う時間がなかった時期があり、そのころから旅先で生活用品を買う習慣がついてきました。

そこで、旅先で衣服や生活用品を買う楽しさに気づき、それ以来、衣服などは旅先で買うようにしています。

欲しいもん
欲しいもん

普段余計なお買い物をしなくなるという意外なメリットも発見!

思い出の品々

まずはやっぱり服!ほどほどの周期で着るものなので思い出が薄れることもなく、袖を通すたびに旅のことを思い出せます。

I love Tokyoとか書いてなくても、普通に無地のTシャツでも旅の思い出になりますよ!わたしはよく現地のユニクロに行きます。

あとは100均、300均の棚やケース!

100均や300均はどこにでもありますし、こんなものあるのかと楽しくなるので、旅先で行くことが多いです。

まとめ:旅の思い出を楽しむため、旅先で日用品を買う

今回は、わたしが旅の思い出をもっと楽しくするために、旅先で日用品を買っていることをご紹介しました。

その理由は、この2つです。

  • 日用品に思い出をプラスする
  • ショッピングをして旅先の街の生活に馴染む

普段は旅先でショッピングはしないという方も、気に入ったらぜひ真似してみてください。

旅の素敵な思い出が増えること間違いなし!です。

タイトルとURLをコピーしました